読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cucco’s Compute Hack

コンピュータ関係の記事を書いていきます。

Enterキーが押せない

Ubuntu16.04のインストールの話。
最後に、メディアを抜いて、Enterキーを押せ、と出る。
Please remove installation media and close tray and press enter.

しかし、それまで使えていたUSBのキーボードは認識しない様子。
困り果てて、しばらく(10分くらい?)放置してたら自動的に再起動したっぽい。

PS/2の端子のあるキーボードで押せるかどうか。。。

CUCA Toolkitのインストール

CUCA Toolkitのインストール

Ubuntu 16.04にCUCA Toolkitのインストールした時のメモ。
CUDA ToolkitCUDA 8.0 Downloads https://developer.nvidia.com/cuda-downloads

[Select Target Platform]から
Operating System:Linux
Architecture:x86_64
Distribution:Ubuntu
Version:16.04

Installer Typeで、[deb (network)]を選ぶと、
実行手順として以下を実行しろ、と言われるが。。。

Installation Instructions:
1. `sudo dpkg -i cuda-repo-ubuntu1604-8-0-local-ga2_8.0.61-1_amd64.deb`
2. `sudo apt-get update`
3. `sudo apt-get install cuda`

エラーとなる。

$ sudo dpkg -i cuda-repo-ubuntu1604-8-0-local-ga2_8.0.61-1_amd64.deb
dpkg: アーカイブ cuda-repo-ubuntu1604-8-0-local-ga2_8.0.61-1_amd64.deb の処理中 にエラーが発生しました (--install):
 アーカイブにアクセスできません: そのようなファイルやディレクトリはありません
処理中にエラーが発生しました:
 cuda-repo-ubuntu1604-8-0-local-ga2_8.0.61-1_amd64.deb

仕方がないので、Installer Typeをrunfile (local)に変更してファイルをダウンロード。バージョンは適宜書き換え。

wget https://developer.nvidia.com/compute/cuda/8.0/Prod2/local_installers/cuda_8.0.61_375.26_linux-run
Installation Instructions:
1. Run `sudo sh cuda_8.0.61_375.26_linux.run`
2. Follow the command-line prompts

1.を実行すると、以下などを聞かれる。

  1. ドライバのインストール
  2. サンプルのインストール

CUCA Toolkitのインストールエラーのメモ

まだ整理できてない。
こんなコマンドを打っている

sudo ln -sf /usr/lib/x86_64-linux-gnu/libGL.so.1 /usr/lib/libGL.so.1
sudo sh cuda_8.0.61_375.26_linux-run -silent -driver

Ubuntu 16.04 NVIDIA driver Install

Ubuntu16.04インストール直後は、GPUのドライバがないので、ドライバを更新する。
ログイン画面が開かない場合は、仮想コンソールを開く。Ctrl + Alt + F1。
次のようなエラー(LVMの場合)?の場合も対象。

lvmetad is not active yet; using direct activation during sysinit

インストールするドライバをリポジトリから探す

$ sudo add-apt-repository ppa:graphics-drivers/ppa
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-cache search nvidia-3
nvidia-304-dev - NVIDIA binary Xorg driver development files
nvidia-331 - Transitional package for nvidia-331
nvidia-331-dev - Transitional package for nvidia-340-dev
nvidia-331-updates - Transitional package for nvidia-340
nvidia-331-updates-dev - Transitional package for nvidia-340-dev
…
nvidia-375 - NVIDIA binary driver - version 375.26

インストール

NVIDIAのサイトでも配っていたversion 375.26をインストール。

$ sudo apt-get install nvidia-375

SQL操作で列の最大値を得る

ある列が最大の列の値を取ってくる場合、以下は間違い。

mysql> select id,time from table_sec where time=max(time);
ERROR 1111 (HY000): Invalid use of group function

列名に対してMAXを適用するなんて不思議な感じ。

mysql> select id,max(time) from table_sec;
+----+---------------------+
| id | max(time)           |
+----+---------------------+
|  1 | 2016-12-12 11:00:15 |
+----+---------------------+
1 row in set (0.00 sec)

mysqlでのテーブルの1対多のjoin。

mysqlでのテーブルの1対多のjoin。

TABLE_SECには、5秒ごとのデータが入っている。
TABLE_HOURには、1時間ごとのデータが入っている。

10:00:06の時点では、10:00:00からの5秒間のデータは確定しているが、
10:00:00から1時間のデータは確定していない。
そのため、9:00:00から1時間のデータを参考の資料として対応づける。

TABLE_SECでは、timeShift1、timeShift2は使用していないが、同じテーブル構成になるように定義を残している。
TABLE_HOURでは、timeShift1は1時間先、timeShift2は2時間先の時刻を指している。

INNER JOINで2つの条件で1件に絞ってJOINしている。

# -*- coding: utf-8

import mysql.connector
import datetime

config = {
    'user': 'root',
    'password': 'Password',
    'host': 'localhost',
    'database':'testdb',
    'charset':'utf8'
}
cnx = mysql.connector.connect(**config)
cur = cnx.cursor(buffered=True)

sql = 'DROP TABLE IF EXISTS TABLE_SEC;'
cur.execute(sql)
cnx.commit()

sql = 'DROP TABLE IF EXISTS TABLE_HOUR;'
cur.execute(sql)
cnx.commit()

sql = 'CREATE TABLE IF NOT EXISTS TABLE_SEC (id INT UNSIGNED NOT NULL AUTO_INCREMENT,\
							time DATETIME DEFAULT NULL, \
							timeShift1 DATETIME DEFAULT NULL, \
							timeShift2 DATETIME DEFAULT NULL, \
							volume INT UNSIGNED DEFAULT NULL,\
							valid INT UNSIGNED DEFAULT NULL ,\
							primary key(id),\
							unique (time));'
cur.execute(sql)
cnx.commit()

sql = 'CREATE TABLE IF NOT EXISTS TABLE_HOUR (id INT UNSIGNED NOT NULL AUTO_INCREMENT,\
							time DATETIME DEFAULT NULL, \
							timeShift1 DATETIME DEFAULT NULL, \
							timeShift2 DATETIME DEFAULT NULL, \
							volume INT UNSIGNED DEFAULT NULL,\
							valid INT UNSIGNED DEFAULT NULL ,\
							primary key(id),\
							unique (time));'
cur.execute(sql)
cnx.commit()
sql='INSERT INTO TABLE_SEC (time,timeShift1,timeShift2,volume,valid) VALUES("2016-12-12T9:59:55","2016-12-12T10:00:00","2016-12-12T10:00:5",1,0);'
cur.execute(sql)
cnx.commit()
sql='INSERT INTO TABLE_SEC (time,timeShift1,timeShift2,volume,valid) VALUES("2016-12-12T10:00:00","2016-12-12T10:00:05","2016-12-12T10:00:10",1,1);'
cur.execute(sql)
cnx.commit()
sql='INSERT INTO TABLE_SEC (time,timeShift1,timeShift2,volume,valid) VALUES("2016-12-12T10:00:05","2016-12-12T10:00:10","2016-12-12T10:00:15",1,2);'
cur.execute(sql)
cnx.commit()
sql='INSERT INTO TABLE_SEC (time,timeShift1,timeShift2,volume,valid) VALUES("2016-12-12T11:00:10","2016-12-12T11:00:15","2016-12-12T11:00:20",1,3);'
cur.execute(sql)
cnx.commit()
sql='INSERT INTO TABLE_SEC (time,timeShift1,timeShift2,volume,valid) VALUES("2016-12-12T11:00:15","2016-12-12T11:00:20","2016-12-12T11:00:25",1,4);'
cur.execute(sql)
cnx.commit()
sql='INSERT INTO TABLE_SEC (time,timeShift1,timeShift2,volume,valid) VALUES("2016-12-12T10:00:20","2016-12-12T10:00:25","2016-12-12T10:00:30",1,5);'
cur.execute(sql)
cnx.commit()

sql='INSERT INTO TABLE_HOUR (time,timeShift1,timeShift2,volume,valid) VALUES("2016-12-12T8:00:00","2016-12-12T9:00:00","2016-12-12T10:00:00",2,8);'
cur.execute(sql)
cnx.commit()
sql='INSERT INTO TABLE_HOUR (time,timeShift1,timeShift2,volume,valid) VALUES("2016-12-12T9:00:00","2016-12-12T10:00:00","2016-12-12T11:00:00",2,9);'
cur.execute(sql)
cnx.commit()
sql='INSERT INTO TABLE_HOUR (time,timeShift1,timeShift2,volume,valid) VALUES("2016-12-12T10:00:00","2016-12-12T11:00:00","2016-12-12T12:00:00",2,10);'
cur.execute(sql)
cnx.commit()
sql='INSERT INTO TABLE_HOUR (time,timeShift1,timeShift2,volume,valid) VALUES("2016-12-12T11:00:00","2016-12-12T12:00:00","2016-12-12T13:00:00",2,11);'
cur.execute(sql)
cnx.commit()
sql='INSERT INTO TABLE_HOUR (time,timeShift1,timeShift2,volume,valid) VALUES("2016-12-12T12:00:00","2016-12-12T13:00:00","2016-12-12T14:00:00",2,12);'
cur.execute(sql)
cnx.commit()

#ここからが本題。
#SELECT * FROM TABLE_HOUR INNER JOIN TABLE_SEC ON TABLE_SEC.time >=TABLE_HOUR.timeShift1 AND TABLE_SEC.time < TABLE_HOUR.timeShift2;
sql='SELECT TABLE_SEC.id,TABLE_SEC.time,TABLE_HOUR.time FROM TABLE_HOUR INNER JOIN TABLE_SEC ON TABLE_SEC.time >=TABLE_HOUR.timeShift1 AND TABLE_SEC.time < TABLE_HOUR.timeShift2;'

cur.execute(sql)
record = cur.fetchone()
while record!=None:
	print(record)
	record = cur.fetchone()

cur.close()
cnx.close()

結果

(1, datetime.datetime(2016, 12, 12, 9, 59, 55), datetime.datetime(2016, 12, 12, 8, 0))
(2, datetime.datetime(2016, 12, 12, 10, 0), datetime.datetime(2016, 12, 12, 9, 0))
(3, datetime.datetime(2016, 12, 12, 10, 0, 5), datetime.datetime(2016, 12, 12, 9, 0))
(6, datetime.datetime(2016, 12, 12, 10, 0, 20), datetime.datetime(2016, 12, 12, 9, 0))
(4, datetime.datetime(2016, 12, 12, 11, 0, 10), datetime.datetime(2016, 12, 12, 10, 0))
(5, datetime.datetime(2016, 12, 12, 11, 0, 15), datetime.datetime(2016, 12, 12, 10, 0))

pythonで逐次入力に対して移動平均を計算するためのクラス

pythonで、逐次入力に対して移動平均を計算する。
移動平均幅は、コンストラクタの引数に与えておく。

以下、ソース。

# -*- coding: utf-8 -*-

class MovingAverage:
	"""逐次入力に対して移動平均を計算するためのクラス"""

	def __init__(self,size):                  # コンストラクタ
		self.pc = 0
		self.data=[0]*size	#リングバッファとして使う
		self.size=size
		self.full=False

	def put(self,value):
		self.data[self.pc]=value
		self.pc=self.pc+1
		if self.pc==self.size:
			self.pc = 0
			self.full=True
		return self.full

	def print(self):
		#デバッグ向けリングバッファの中身確認用
		print(self.data)

	def average(self):
		if self.full:
			return sum(self.data)/self.size
		else:
			#入力が足りないときにも一応値を返してみる。
			return sum(self.data)/self.pc

def main():
	mv2=MovingAverage(3)
	
	mv2.put(4)
	mv2.print()
	print(mv2.average())
	mv2.put(5)
	mv2.print()
	print(mv2.average())
	mv2.put(6)
	mv2.print()
	print(mv2.average())
	mv2.put(7)
	mv2.print()
	print(mv2.average())

if __name__== '__main__':
    main()

実行結果

C:\Python34>C:\Python34\python.exe C:\Python34\movingaverageclass.py
[4, 0, 0]
4.0
[4, 5, 0]
4.5
[4, 5, 6]
5.0
[7, 5, 6]
6.0

Matlab 2016bのwebreadがおかしい

Matlab 2016bのwebreadの動きがおかしかったのでメモ。

問題

Matlab 2016aでは正しく動いていたのに、Matlab 2016bにあげたらbad requestが返ってくるようになった。

原因?

URLの中にある時刻の表現の中で%3Aのエンコードがおかしなことになってることが判明。
URLの中に%3Aを含めると%253Aになったり、:(コロン)で表現するとコロンのままで、%3Aにならなかったり。

暫定対策

C:\Program Files\MATLAB\R2016b\toolbox\matlab\external\interfaces\...
webservices\http\+matlab\+net\QueryParameter.m(429,9)
noEncodeCharsの'/?'を'/?%'に変更して、%を%のままエンコードしないように指定すると、とりあえず動いた。

メモ

アクセス権がないので、Administrator権限で、編集権限を与えてから編集しましょう。